3.島のボルダー

果てし無く続く花崗岩

アイランドツアー

2月後半だというのに、菜種梅雨のような天気が続き、嫁さんと二人やきもきしていたのですが、なんとか日曜には雨もあがり、無事じょにファミリーを島に案内することが出来ました。

今回は秘密兵器の軽ワゴンを手配し、それに総勢9名(大人6子供3)が乗込み、マット5枚をギュウギュウに詰め込んで、マニュアル2速で、まずはイーストビーチに向かいました。

続きは、こちら >>

ビッグホワイト
▲浜の「ビッグホワイト」にチャレンジする、ジョニ氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイランド4

恐ろしく透きとおったアクアマリンの海面を、黒と銀のきらきらが、ゆっくりと移動している。
1週間 停滞した前線が東に抜け、すきっとした青空の下、島独特の強い風が吹いている。
緑色のニッサンセレナをブッ飛ばして、また、あのおっさんが家族連れでやって来ている。

黒と銀の群れ
▲流線型の隊列を維持して移動する、稚魚の群れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトビーチ

出会いの日から、夢の中で魘され続けた、白いビーチへ続くと思われる、猪が穿り返した穴だらけの斜面を、迷わない様に石を積みながら下り、最後はヘッドからのダイブで、頭頂部をギザギザにして、なんとか辿り着く事が出来ました。

海から見た時の映像をリプレイしながら、ざっと見て歩き、左頬に浅い溝のある岩にチャレンジしました。この岩、なかなかの美形なのですが、下には罠のように穴が二つ空いていて、スタティックに行きたかったのですが届かず、決意のちょびっとジャンプで登りました。

まだ2月中旬だというのに、この日の最高気温は20℃を超え、登攀終了後に手首のテーピングを剥がすと、くっきりと今年最初の日焼けの痕が確認されました。

黒ボル写真館に1枚追加しました。

Whitebeach
▲このエリアを代表する大岩のひとつ


▲ホワイトビーチ
(2009/02/15)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アイランド3

南国の恐ろしく短い冬の終りを告げる、南寄りの強風が吹き去った翌日、
もうひとつの浜に向う山道を、異常に密度の濃い低木の間を縫って歩き、
やっと開けた視界の先、緑と青に挟まれ、白い塊りが連なっていました。

Island3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラウンビーチ

前回、早朝からの調査中に雨が降りはじめ、泣きながら敗退した茶色の浜で登りました。

この島は、狭い磯に岩が積み重なったような場所が多く、全体的にランディングが悪いのですが、それも魅力のひとつになっています。着地に失敗して岩の間に挟まってみたり、滑り台のようなランディングをどこまでも転がってみたり、あと一手というところでチビりながらクライムダウンしてみたり、たいへん楽しませてくれます。

帰宅して、お風呂で頭を指の甲で洗いながら、小川山に通っていた頃を思い出しました。

Brownhole
▲穴ボコだらけのルーフを抜けると、ハイボールのフィンガークラック!


▲ブラウンビーチ
(2009/02/07)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イーストビーチ

青く澄んだ空の下、白い浜へと続く、人の気配の全くない道を一人で歩きながら、「いったい自分はこんな所で何をしてるんだろう?」と不思議な感覚に襲われました。

1時間ほどで辿り着いた場所は、予想を超える景色が広がっていました。

岩の連なりの遥か彼方、真ん中やや上部に穴の空いた岩が見え、どうしてもそこまで行きたくなり、砂々の崖をへつり、フジツボの群生する磯を泳いで進みました。この日は、3つの岩に課題を見つけて登り、岩棚の上でおにぎりを3つ食べて帰宅しました。

Whitehole
▲ホワイトホールの岩


▲アイランド
(2009/02/08)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイランド2

途轍もない数の花崗岩の塊が、浜を埋め尽くしている。
海の青によく映える岩の白が、眼球に染み渡ってゆく。
ドーパミンの過剰充溢により、発狂寸前になっている。

やっと、この場所に来る事が出来た。

アイランド

| | コメント (3) | トラックバック (0)

続アイランド

船を降りた途端、湧き上る喜びを抑え切れず、家族を置去りにして、クラッシュパッドを背中に、ザックをお腹に、デッキブラシを右手に握りしめ、海沿いの道を全速力で走り出していました。

波打ち際に、恐ろしく奇妙な形状の大岩がありました。

後から、子供たちを連れてやって来たミカリンは、あきれながらも、日本離れした景観に魅了されていました。この日は、日が暮れるまで登り、真っ暗な道を家族で歩いて帰りました。

その夜は興奮し過ぎたのか、そろそろ朝の6時頃かなと起きてみると、深夜の1時半でした。それからずっと、窓の外を見ながら夜が明けるのを待っていました。

ニワトリの鳴き声がしたので、まだ薄暗い中、一人でチェックに出掛けました。

重なり合った岩の隙間をすり抜けている時、曇空から雨が落ちてきました。午前中はもつと思っていたのですが、これで今回の旅は撤収となりました。 I will be back, soon!

Hiball
▲ブラウンビーチのハイボール

Doublekante
▲ブラウンビーチのダブルカンテ

Freakline
▲浜エリア、フレークの課題

Shoreline
▲同エリア、波打ち際の課題

Whitegranite
▲真っ白い花崗岩に走るグルーブを繋ぐライン(未登)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

アイランド

果てし無く続く、群青色の大海原に浮かんだ、花崗岩の孤島

誰も見たことのない、凄まじい量の光輝く大岩
誰も触れたことのない、海風で磨かれたエッジ
誰も聞いたことのない、石の中に木霊する波音

Island
▲ニューワールド!

Whitebeach
▲真っ白い花崗岩のボルダーが密集する、ホワイトビーチ(仮称)

Brownbeach
▲茶色い花崗岩が積重なった、ブラウンビーチ(仮称)

| | コメント (4) | トラックバック (0)