« すべてがリバーサイド | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

中華料理 雷

食べようと思って行ってもrvcardash 、開いてない事ngが多いという、誰かから聞いた噂ear
黄色い稲妻thunderマーク が、オールドクライマーには嬉しいlovely、赤いビニールの店構えhouse
一度は挑戦punchしてみたい、「カツカレーチャンポンラーメン」pignoodleという謎のメニューshadow

ファーストコンタクトeyeは、雷thunderセットBでパンプアウトcrying
(ん~、この作風、どこかで見たような...)

中華料理 雷   雷セットB
▲テイクアウトpouchにも力を入れているようだ。  ▲おかずrestaurantは、餃子&玉子焼&唐揚トリオ

|

« すべてがリバーサイド | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

6.高知の食べ物」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつも手に汗握りながら楽しく拝見させて頂いております、以前高知に住んでいた者です。
「雷」に関しては思い入れがあり思わずコメントさせて頂きました。
桟橋通にあった「桟橋飯店」が現在のバイパス沿いに移転して「雷」になったと聞いております。
「桟橋飯店」時代は丼物(大盛り)の殺人的な質量に魅せられて度々訪れておりました。
次の機会には是非、丼物の大盛りをオーダーされることをお勧めいたします。

投稿: AK | 2009/06/27 02:22

丼物(大盛り)、了解しました。
「雷」は、一度訪れただけですが、一見ノーマルな中華料理屋に見えながら、
所どころに謎めいた要素が確認され、底知れない奥深さを感じています。
近々、体調を十二分に整えて出掛けて来ます。

投稿: 黒潮 | 2009/06/27 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217744/45042325

この記事へのトラックバック一覧です: 中華料理 雷:

« すべてがリバーサイド | トップページ | 梅雨の晴れ間 »