« バッタ・ワールド | トップページ | 誰もいないリバー »

百と八つの流れ星

どれほど凡庸な日常、懊悩に満ちた生活、悲惨な生涯であろうとも、人生には流星の如く煌めく一瞬が訪れる。突然の啓示、突き上げる衝動、底なしの恍惚、天地との交感。その光芒は、百と八つのスペクトルとなって慈雨のように、此岸の我らに降り注ぐ。(岩波書店 紹介文より)

新作が、届きました。

百と八つの流れ星

|

« バッタ・ワールド | トップページ | 誰もいないリバー »

5.高知のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217744/45307469

この記事へのトラックバック一覧です: 百と八つの流れ星:

« バッタ・ワールド | トップページ | 誰もいないリバー »