« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

昭和の日

1989年1月7日、祝日法により天皇誕生日からみどりの日に改定、2007年に「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」として昭和の日と改定された4月29日、名村ボルダリングに出掛けて来ました。

さらっとした砂地に、蔓を伸ばし葉を繁らせる海浜植物
白い岩の上で囀る、頭部が杜若色で体がだいだい色の鳥
この浜のボルダーを代表する、美しく危険な波打ち際のフェース

朝から日差しが強く、かなり暑くなるかと思っていたのですが、浜に下りると心地いい風が吹いていて、上半身裸で快適なクライミングが楽しめました。年度末のハードワークで弱っていた体も、大分動かせるようになってきました。

縁(えん)
▲ホワイトボルダーの「縁(えん)」を登るバッタさん

みかりん
▲おニューのMOONシャツで決めた、アメリカンなみかりん

波打ち際のフェース
▲波打ち際のフェースにトライするバッタさん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒潮ウォール

自宅の物置に、ボルダリングウォールを作り始めました。

作るからには其れなりの物にしようと、まずは高さを確保する為、解体業者に依頼して、天井を全て取り外して貰いました。それから1週間ほど、支柱となる梁(はり)を見ながら大まかなイメージづくりを行い、クラックスや井の中の蛙道場で、壁の裏側から骨組みを見せて貰って、手始めにキャンパスボードを作ってみました。

ホームセンターでの買出しから実際のボードの作製まで、各工程で考慮すべき問題があり、試行錯誤しながら作業を進めて、一日半程度でなんとか完成する事が出来ました。今回の作業で、施行上の注意点がいくつか顕かになり、これからメインウォールの製作に入って行きたいと思います。

黒潮ウォール

| | コメント (4) | トラックバック (0)

井の中の蛙道場

翌日は、いろはちゃんに会う為に宝塚へ向かいました。

久しぶりに会うきよみさんは、出産後の疲れも見せず、スリムな体とシャイな笑顔で迎えてくれました。ママたちがいろはちゃんを抱っこさせて貰った後、私もまだ座ってないネックに細心の注意を払って、抱かせて頂きました。

お昼は、いろはちゃんのお父さんという方が作ってくれた、カレーライスをご馳走になったのですが、これがなかなかの味で、昨晩のお好み焼による胃もたれも忘れて、おかわりをしてしまいました。暫し歓談の後、デザートのプリンを食べ終ったところで、いろはちゃんのお父さんの大きなおならが鳴り響き、それを合図に、みんなが一斉に玄関に向い、そのまま道場に案内して頂きました。

道場は、自動車整備工場の2階にあり、全国各地の岩場で拾って来た石が、薄い木の板に貼り付けられてホールドとして使われているのですが、その仕上げを見ると作業者の思いが伝わって来るような気がしました。

一泊二日関西の旅、また今回食べ損ねた、たこ焼きを食べに出掛けたいと思います。

Puuman_2

Kiyochan Irohachan Dareda
Doujou Orei Kabe
Dorirutama Noboru Garden

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラックス大阪

はじめて明石海峡大橋を渡って、出掛けて来ました。

西日本最大の大都会とあって、迷い疲れるかと覚悟していたのですが、意外とスムースに4時間程度のドライブで、開放的なジムのフロントに到着しました。

久しぶりの人口壁は、非常に新鮮で、傾斜・内容共に充実したボルダリングエリアで2級ぐらいまで楽しませて貰った後、約8年ぶりにロープクライミングにチャレンジしたのですが...
子供たちも、古参の従業員の方にボディハーネスを着せて貰い、トップロープで10m程の壁を登って、大喜びしていました。土曜日の午後、ジムは、きれいなお姉さんやグループ交際真っ最中の男女で賑わい、新しい出会いの予感に満ちていました。

夜も更け、山盛りネギが印象的なお好み焼屋さんで、顔面がテカテカになるまで、M嶋社長に御馳走して貰い、最近 超高層マンションに引越された、じょに邸にて就寝させて頂きました。

翌日は、あの方のところへ。

Crux

Bridge Crux_2 Hold
Bodyhanesu Yuuchan Mei
Korochan Tontetsu Mizuhosan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入園式

先日、めいごんが、よっしーと同じ幼稚園に入園しました。
制服を着ると、またひとつおねえちゃんになったように見えます。
ママも、おニューのひらひらのブラウスを来て気合い入れてます。

※リンクに、ヨガインストラクターPENさんのブログを追加しました。

入園式

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊予国から

彼の男とは、二度ほど県境のボルダリングエリアで一緒に登った事があるのですが、その後もナチュラルプロテクションに拘ったチャレンジの記録他をネットで見ていました。

出身は神奈川県だと聞いていたので、卒業後は帰京するものと思っていたのですが、年明けに「4月から高知に勤務します」と連絡があった時は、ちょっと驚きました。

まだ桜が咲いているのに夏のような陽射しの土曜日、岬で朝錬をしているというので、覘いてみると、早速 上半身裸でルーフクラックにハンドジャムを決めてました。

この日は、バイクに括り付けて持って来てくれた筍を、お土産に頂きました。

ポケットの岩
▲海のボルダー独特の、ポケットの空いた岩でアップ

安田フレークの岩
▲ドイツ人であり巨人軍でもある、ヤンさんのスポットを受けて登る

ウルトラマリーン
▲本日のメインイベント、「ウルトラマリーン」第二登。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーストラリアから

オーストラリア在住で、世界最大級のITコンサルタント会社に勤務する、ドイツ人のヤンさん。
帯屋町に実家が営む店があり、子供の頃の遊び場は大丸だったという、高知出身のリカさん。
二人の間に生れた、顔は外国人だが言葉は日本語をしゃべる、いたずら盛りの男の子ふたり。

オージーから私のブログを見て、帰省のついでに遊びに来てくれました。

そして、もう一人。
来てますよ、伊予の国から...

ヤンさん
▲潮位3cmの素晴しい干潮の浜に立つヤンさん

安田フレーク右
▲「安田フレーク」右の課題を登るリカさん

磯遊び
▲磯遊びの面白さは、全世界共通でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワンストーリーハウス

私は、平屋だ。

昭和47年4月 100坪の農地を宅地転用して建てられた、床面積37坪木造スレート葺の平屋だ。
私は、旧き良き昭和の家族一世代を無事見送り、築37年目の今日、新しい家族を迎え入れた。

私其の物より、西側の物置がイヤに気に入り、柱の位置を確認しては、ニヤついている父親。
以前 住んでいたアパートの2倍の広さがある台所で、嬉しさのあまり反復横飛びをする母親。
見事な日本庭園を構成する、イシガメが10匹は飼えそうな池の周りで、はしゃぎ回る子供達。

私の周囲には、田植えの時期を向え、生きた水がたっぷりと満たされた水田が広がり、日中は燃える男の赤いトラクターの音、日が暮れると小さなカエルたちが一斉に鳴き始め、夜空に浮んだ月といっしょに、懐かしい夜をプロデュースしてゆく。

Onestoryhouse

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自転車

よっしーが、補助輪なしで自転車に乗れるようになりました。

練習をはじめて3日目です。
少しだけ乗れるというのではなく、すいすいと気持良さそうに乗っています。
私は、小学校低学年の頃でした。
何度も転んで、アスファルトで膝小僧がギザギザになった記憶があります。

最近 背も伸びてきて、自転車が小さく感じます。

自転車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りょう花2

久しぶりに平日休みをとって、マイフェイバリット ラーメン屋「りょう花」に出掛けてきました。

お昼前の客もまばらな時間帯、目顔で通されるビップ専用の奥座敷
しゃがんだ姿勢のまま、瞳しっとりと見つめられてオーダーウエイト
注文は、いつもの特塩ラーメンに煮卵トッピングと焼きおにぎりセット

残ったスープにおにぎりを入れて、一滴残さず、いやと言うまで舐めまくってしまいました。

そのとおりでございます   特塩ラーメン+煮卵トッピング+焼きおにぎりセット
▲そのとおりでございます。            ▲いつものセットメニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »