« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

ビッグウェーブ

気象庁の潮位表によると、日曜日の午前11時17分に潮位41cmの干潮があり、これを逃すと、暫く休日の昼間に強いのがなく、これはヤバイと、先日見つけた磯ボルに出掛けて来ました。

現地到着、8時45分。
目的の岩は、まだビッグウェーブに揉まれて捲っていました。

干潮ピークの30分前まで、波の影響のないボルダーで遊んだ後、「よっ~し、やるか」と行ってみたのですが、台風の影響か、全く波が引いている気配がなく、暫く見ていると、どんどん押寄せてきて、終いには空高く舞上った波しぶきを頭から被ってしまい、この日のチャレンジは断念し、エリアを移動しました。

帰りに、大切なビデオカメラが磯の水溜りに転がり落ちてしまい、急いで拾上げたのですが、液晶画面がホワイトアウトしたまま固まってしまいました。かなりショックです...。

080928_01
▲大きな岩の真ん中を抜けるライン。出だしがちょっと怖い。

080928_02
▲こんにちは、ご無沙汰しておりました。

080928_03
▲海は、まだ夏やってます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東京湾上空より

広大な青い海に、どこまでも続く白い橋。
彼方に浮かぶ、数え切れない小さな船。
低空に霞む雲で、境がなくなった空と海。

夏の終わりの東京湾は、気持ちよく晴れていました。

アクアブリッジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズィーボックス

妻の実家のある杜の都、仙台に帰省して来ました。

子供達をおばあちゃんに預けて、郊外のクライミングジムに出掛けました。
ジムは、オレンジ色の箱のような建物で、前に広い駐車場がありました。

受付で、笑顔の素敵な女性が迎えてくれました。
内は、ゆったりとスペースが取られていて、窓が多く、開放感がありました。

いろんな傾斜・形状の壁があり、バラエティに富んでいました。
若者から年配の方まで、幅広い世代の人がクライミングを楽しんでいました。

また、仙台に帰った時には、登りに行きたいと思いました。

20080923_03
▲ライトアップされたズィーボックス正面

20080923_04
▲横浜ヨガフェスタから直行で合流した、チカリン。

20080923_02
▲ミカリンは、こんな傾斜の強い壁を登っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼっちり

県中西部の須崎市には、鍋焼きラーメンという名物があり、8月末にチャレンジしてきました。

炎天下での仕事を終え、熱中症寸前までヒートした体で、もうもうと湯気を上げ、煮えたぎる土鍋の中のラーメンを、泣きながらすする。眼鏡は曇りっぱなしで何も見えず、舌は火傷で味は判別不能。夏はやっぱり、これですね...。

店の名前「ぼっちり」とは、土佐弁で”ぴったり”とか”ちょうどいい”という意味です。

Bocchiri01   Bocchiri02_2
▲パステルカラーのおしゃれな外観  ▲定番鍋焼きラーメン、病みつきになる熱さだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワイルド・コースト

今週は、T崎さんが見つけた岩に案内して貰う予定だったのですが、台風13号の影響か夜に雨が降り、翌朝の天気予報もイマイチだったので、先週ちょっと調査した磯のエリアに出掛けてきました。

まずは、西の端から東の端まで歩いてみたのですが、汐が引き始めた波打ち際に、ヤバそうなラインを何本か見つけました。汗と波で、ずぶ濡れになって道路に這い上がると、ちょうどT崎さんがお友達と現れたので、一緒に西の方から廻っていきました。

磯のボルダーは、ランディングが悪いものが多く、アドレナリンを出しながら、岩登りを楽しむ事が出来ました。ヤバいやつもやりたかったのですが、予報に反して空は晴れて暑くなり、、汐も満ちてきたので、お昼で終了としました。

また、潮位30cm以下を狙って訪れたいと思います。

080914_01
▲開放感あふれる海

080914_02
▲ポケットの続く凹角状の課題

080914_03
▲T崎さんが見つけた課題 「キングコング(仮称)」


▲ワイルド・コースト(08/09/14)
(クリックするとスタートします)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホワイトフラワー

花にも人と同じ様に表情がある。
しっとりと前夜の雨に濡れた白い花びら。
凛として漂う気品、花芯から覗くもうひとつの顔。

Wetflower

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「背中にそっとサヨナラマントル」

今週は土日休みの週で、日曜日は天気もよく、開拓中のグリーンバレーに出掛けて来ました。

この日の目的は、美しい撫で肩リップの岩で、エリア名の由来となったふかふかの緑色の苔に覆われていて、まずはこの掃除から始めました。

デッキブラシの柄で苔を削ぎ落とし、その下の泥をブラシで擦り落とし、歯ブラシで仕上げをして...。眼鏡に汗が滴ってきて、我に返ると、全身汗ビッチョリで2時間が経過していました。
いつも岩の掃除を始めると、止まらなくなるので、注意が必要です。

トライする段になると、体に力が入らず、ヘロヘロになっていて、川で体を冷やして終了とし、豚太郎でミソカツラーメンを食べて、帰宅し、連日のお昼寝をしてしまいました。

みかりんのブログ(南国だより)が、いつの間にかスタートしておりました。

Sayonara
▲「背中にそっとサヨナラマントル(仮称)」 掃除中


▲「背中にそっとサヨナラマントル(仮称)」(08/09/07)
(クリックするとスタートします)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ビーチ野郎」

朝6時起床、開拓中のエリアに車を走らせていると、途中から雲が出始め、更に行くと雨が降り始め、諦めて引き返して来ると、海の方は晴れていたので、ちょっと気になっていた磯に出掛けて来ました。

ちょうど干潮に向かう時間帯で、海から現れた岩があり、透きとおったマリンブルーを足元に、トライしてみました。もう9月に入りましたが、高知の海はまだまだ夏で、ギラギラの汗をかきながら登り、「ビーチ野郎」としました。

その後、磯を歩いて見つけた奇妙な形状の岩でハマリ、お昼ご飯タイムを大きくオーバーしてしまい、お腹ペコペコになって、うどん屋まで車をぶっ飛ばし、帰ってお昼寝をしました。

Beachyarou
▲「ビーチ野郎」 夏はこれからだ!


▲「ビーチ野郎」 (08/09/06)
(クリックするとスタートします)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒ボルブック

黒潮ボルダリング日記の本が、出来上がってきました。

私が利用しているココログのキャンペーンで作って貰ったもので、6月に当選の連絡があってから、仕上がりを楽しみにしていました。実際に、自分の書いたものが本になって、それを手に取るのはそれなりの感慨がありました。一部、写真とその説明文のレイアウトがガチャガチャになっているページがあり、今後の機能改善に期待したいと思います。

Kurobook

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グリーンバレー

灼熱の日々がやっと過ぎたと思ったら、天候不順で曇りや雨の日が続き、週末はどうかなと思っていたのですが、日曜日だけはなんとかもって、リハビリがてら、最近通っているグリーンバレーに出掛けて来ました。

このエリア、夏前から調査を始めて、まだ数本しか完成してないのですが、この日は、前回 確認しておいた、ふかふかの苔に覆われたトラバースや、傾斜の強い岩をジャンプで登る課題(落ちると川)他をやって、もう少し体が回復してからやろうと考えている、にょろにょろフィンガークラックに詰まった泥を、木の枝でほじくり出して、終了としました。

素晴しく魅力的な岩も見つけたのですが、出だしからミクロン単位のツルピカホールドが続き、スメアが効かない岩質からも、まだ可能性を見出せない状況です。

08083101
▲これは登れるんだろうか?…



▲グリーンバレー (08/08/31)
(クリックするとスタートします)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »