« 「塗仏(ぬりぼとけ)」 -宴の始末- | トップページ | ゆず庵 »

カメがのぼる丘

私は、カメだ。

動物界脊索動物門爬虫綱カメ目イシガメ科イシガメ属という、意味があるともないとも言える、勝手な区分に分類された、海の近くの三日月形の池に生息する、イシガメだ。

今日、私は、いつものように、朝の散策に出たのだが、ふと思いつき、いつもの曲り角で、いつもとは違う方角に足を向けてみた。いやに歩きにくい、ツルツルの道であったが、ピカピカの光に導かれて、丘の上の方へと進んでみた。

坂の途中、対向車線に、業務用の白い車が急停車し、汗と泥にまみれた、指が傷だらけの男が、飛び出してきて、リサイクル店で買ったカメラを私に向けて、何枚も写真を撮り、しまいには、アスファルトに寝そべって、シャッターを押した後、下りて来た時と同じように、大急ぎで車に乗り込んで、生きんが為の仕事に戻っていった。

寄る年波により、筋肉量が往年の60%に低下した私が、バテバテになって、丘のてっぺんにたどり着いた時、体感温度17℃の、気持ちのいい風が吹き抜け、彼方には、はじめて見る群青色の海が、どこまでも広がっていた。
あまりの心地よさに、私は、今日の予定を全てキャンセルし、千変万化する青をたっぷり堪能した後、数え切れないほどの星が降りはじめた宵、いつもの塒に戻った。

Kame

|

« 「塗仏(ぬりぼとけ)」 -宴の始末- | トップページ | ゆず庵 »

5.高知のスケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217744/41149695

この記事へのトラックバック一覧です: カメがのぼる丘:

« 「塗仏(ぬりぼとけ)」 -宴の始末- | トップページ | ゆず庵 »