« 水田をわたる風 | トップページ | 茶色い塊(かたまり) »

まるしん

いつも前を通りながらも、そのプレハブ小屋のような外観から、中途半端はなく、天国あるいは地獄という店と思われ、なかなか踏込めずにいました。ある程度、近隣のうどん屋開拓も進んだ先日、チャレンジしてきました。嫁さんはかけ、私は予感を感じ、ぶっかけを注文してみました。

紺色の器に、ツルピカのうどん。
アオアオとした刻み葱に、パリパリの海苔。サイドには擂りたてのワサビ。
とどめは、青首のガラス容器に入った、ゆずの搾り汁。
ビューティフルぜよ!

私好みの汁だくのぶっかけで、大満足の昼食となりました。

Marusin01    Marusin03

|

« 水田をわたる風 | トップページ | 茶色い塊(かたまり) »

6.高知の食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217744/40523159

この記事へのトラックバック一覧です: まるしん:

« 水田をわたる風 | トップページ | 茶色い塊(かたまり) »