« 丸太小屋 | トップページ | ブルースカイ »

R33

正月に一度訪れて以来、しばらく海のボルダーを中心に活動していたのですが、桜の開花も迫った土曜日、久しぶりに出掛けてきました。前回は、雪の残る酷寒の世界だったのですが、この日はエリアについたら、みんなが上着を脱ぎ始め、裸族も現れる陽気で、空も晴れ渡り最高のボルダリング日和でした。

まだ、登られた課題は3本だけだったのですが、美しい緑色の波々カンテ、小川山育ちのオールドクライマーが泣いて喜ぶモスラヘッドのスラブ、あまりの傾斜に首が捻じ曲がるハング、筋繊維の断裂が著しいスローパーへのデッドと、バラエティにとんだ課題を、みんなでトライしまくり、日が暮れるまで登りました。

いつも感じる事ですが、クライミングを長年続けてきた人と一緒に登ると、自身では思いつかなかったようなスタイルや楽しみ方・こだわりを教えて貰い、世界が広がっていくような感じがします。そしてなによりも、その異常な情熱にエネルギーを頂きます。

午後になって、愛媛からバッタさんも到着し、素晴らしい登りを見せて頂きました。長身ながら、体全体を使った独特の動きで、勉強になりました。また、よろしくね。

暫く、河原のボルダー通いが続きそうです。

R33_03
▲鉈で切落したような、強烈な傾斜のハング

R33_05_2
▲高さのある課題にトライ!

R33_04_2
▲ポケットから次のホールドにフォーカス

R33_02_2
▲美しい緑色のカンテ

R33_06
▲いもむしの頭部のような、奇妙な形状の岩

R33_13
▲5時のチャイムが、谷間に鳴りひびいて...



▲R33 (08/03/22)
(クリックするとスタートします)

|

« 丸太小屋 | トップページ | ブルースカイ »

2.川のボルダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217744/40605635

この記事へのトラックバック一覧です: R33:

« 丸太小屋 | トップページ | ブルースカイ »