« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

のぼっちゅうにゃあ

29日より、クラックスの木織さんファミリーが、高知に遊びに来てくれました。なんと、社長の前島さんも飛行機で龍馬空港に乗り付けられたので、失礼のないようにお迎えにあがり、昨日は奥物部の宴岩をご案内させて頂きました。あいにく、今年一番の寒気の影響で、強烈に寒い一日でしたが、この岩を楽しんで頂けたようで、嬉しく思いました。今日は、先日見つけた新しいエリアに開拓に行く予定で、詳細は、また新年に報告致します。

今年は、春の宴岩発見から、夏から秋にかけての海のエリア開拓と、えらいいっぱい登ったにゃあ。まだまだ、あるき、来年もいっぱい登るぜよ。高知の海と川に感謝じゃにゃあ。

粉雪舞う宴岩にて
Utage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新記録

長女の足に何か書いてあったので、よく見せて貰うと、「なわとび しんきろく☆7☆」? なに!縄跳びが出来るようになったのか、いつの間に...。うさぎ組の新記録を樹立し、先生に書いて貰ったようです。次女も来年の石鎚カップに向けて、保持力のトレーニングを始めました。

初めての表彰状               トレーニング中の次女
Asi01    Mei

| | コメント (2) | トラックバック (0)

君に捧げるフィンガーチップ

3連休の方も多かったと思いますが、地方の会社に勤める私は、土曜日は仕事で、二児の父親である私は、日曜日はクリスマス会で、クライマーである私は、月曜日にやっと、クライミングに出掛ける事が出来ました。
この日は、昼の12時に干潮があり、以前 目を付けていた、安田海岸の波打ち際のフェースに行って来ました。11時半に到着し、準備万端で干潮ピークを待ったのですが、ランディングは完全には現れず、波が引いた瞬間を狙って飛石ジャンプで取り付きました。一度スリップして、海に浸かるアクシデントがありましたが、なんとかトップアウトする事が出来ました。両手カチから、あまいステップにスメアを効かせ、引きつけて引きつけて、遠いフィンガーチップを取る、いい課題が出来ました。その後、エリアを移動して、これも以前見つけていたハングにポケットが並んだ課題にチャレンジし、半日程度でしたが、充実した時間を過ごす事が出来ました。

課題名 「君に捧げるフィンガーチップ」

Kimi01

海に落ちました...            つるつる過ぎる...
Kimi03    Kimi04

次の目標
Kimi07

大きなポケットのハングから、上部でマントルを反す課題Kimi06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい調査方法

こんな事が出来るようになるとは、想像もしていませんでした。
車からの調査で可能性を感じ、調べてみると、凄い事になっていました。
まだ、ここまでの解像度のエリアは多くありませんが、進化を続けています。
近いうちに現地調査に出掛けてきます。

クリックすると拡大されます        さらにズーム
NewArea01    NewArea

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由軒

岩探しの帰りに、越知町の自由軒本店に寄ってきました。この店は、「みんな熱いうちに、腹いっぱい食べてや!」という気合が伝わって来る、私の好きなタイプのラーメン屋です。味の方も二重丸です。夏には、流しソーメンもやっていて、その設備はちょっと怪しく、一見の価値があります。

実直な入り口                身も心も温まる、味噌ラーメン
Jiyu01    Jiyu02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磯辺の休日

今週は土日の休みだったので、久しぶりに川に岩探しに出掛けてきました。春は毎週末、5時起きで岩を探して、海岸と渓谷巡りをしていたのですが、この日も4時起きしてしまいました。以前、可能性を感じた2地点を調査したのですが、なかなかのやつを見つけてきました。
日曜日は、午後のいい時間帯に干潮があり、名村ボルダーの波打ち際のフェースをやりに行ってきました。この課題は、ランディングの砂が波によって削り取られ、ゴツゴツの岩になってしまい、非常に危険になった為、最近は殆ど登られてないようです。ホールドは、縦方向に幾筋も延びた浅い溝で、殆どがサイドあるいはアンダーになります。何度か、クライムダウンを繰返しながら、チャレンジしたのですが、上部のムーブを安定してこなす確信が持てず、無理をせず、次回の目標としました。

名村ボルダー 「波打ち際のフェース」
Namura01

カンテの課題                この位置でマントルを反す
Namura05    Namura06

今日も一日、いい天気でした。
Namura03

NEXT ONE !
Newb02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜空

「あの娘 何処にいるのやら...星空の続く...逢いたい、もう一度」
高知にUターンして以来、夜のビールは、この窓から夜空を眺めながらです。
いつ聞いても、五木ひろしは心に沁みるよね。

最近は凄味                 クリスマスツリー出しました
Yozora01    Yozora02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OpenUp

この巨大なボルダーは波打ち際にあり、浜側の面が120度程度で傾斜しています。高さは7~8m程、ランディングは通常は海、下は直径30cm程の丸い石がごろごろしています。この日は、干潮時間の1時間後で、飛び石づたいに取りつく事が出来ました。下部は独特のポケットホールド、途切れた所に薄い縦ホールド、瘤状のホールドと続きます。上部はホールドが悪くなり、クライムダウンは難しくなります。初めてのトライでしたが、また作戦を練って、出掛けたいと思います。これ以外にも、干潮時にしか取り付けない岩に、いくつか課題を見つけて遊ん頂きました。

Open01

  Open02  Open03  

トライしてる間に、潮が満ちてきました。
Open06

なにしゆうがぁ? のぼりゆうがよ。
Open07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストラン岬

扉を開けると、蝋細工のメニューが並んだケースがあり、初めてなのに懐かしさを覚えます。奥には、当然のように鉄板が据付けられた座敷があり、お好み焼きが焼かれています。鍋では、おでんが温められているのですが、レストランなのでランチを注文して下さい。安田海岸をちょっと東に行った所にあります。

爽やかなグリーンの看板         鏡張りのショウケース
Misaki01    Misaki03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリア投票

現在、ボルダリングエリアのトポや、ビデオの作成を検討しており、その参考情報の収集として、エリア投票箱を設置しました。ここ面白そうだなという所がありましたら、クリックをお願いします。クリック後、現在の投票状況がご覧になれます。
各エリア概要は、黒ボル写真館黒ボルマップを参照ください。

※ キム・ジャーインのサイトを発見してしまいました。キュートすぎる!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

石鎚ボルダリングカップ

今週は愛媛で行われた、石鎚ボルダリングカップに参加して来ました。
このコンペは、石鎚フリークライミングクラブが、毎年2回開催している、四国地区では唯一の定期的なボルダリングコンペです。私はミドルクラスにエントリーして、入賞を狙っていたのですが、遺憾ながら若い筋肉には敵いませんでした。最初の4級3級クラスは、余裕だったのですが、2級のあまり人がやってないけど面白そうな課題に手を出して嵌り、エネルギーを吸取られ、後半はもうへろへろの状態でした。このタイプの一定時間以内に登れるだけ登って点数を競うコンペは、中年お父さんの体には地獄のような試練でした。

結果は別として、四国県内のクライマーの個性的な登りを見たり、愛媛のヒロさんやバッタさんと話をする事が出来、非常に楽しい一日でした。IFCCの皆様、運営お疲れ様でした。来年は43歳になりますが、入賞を目指して鍛えなおし、無限くんとなって、また参加させて頂きたいと思います。

エキスパート部門入賞者の皆様
Isi01

二位決定戦の安部さん          こちらは古市さん
Isi03    Isi05

トロピカルムードなシャツの選手     高知から参加の女子高生
Isi09    Isi06

小学生が目を輝かせるような、時代が来ました。
Isi08

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »