« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

宴(うたげ)岩にて

今週も、奥物部に出掛けて来ました。
プロジェクトは進展がなかったのですが、岩を掃除して、課題を二つ追加して来ました。
ひとつ目は、左端の斜めフィンガーからリップの見えないポケットに短いランジをする課題、ふたつ目は、先週登ったマントリング課題「かかと野郎」の途中から右上に抜けていく課題です。ふたつとも、なかなかの内容で宴岩も、充実してきました。
帰りがけに、前の畑のおばちゃんに、柿を山のように貰ってしまいました。

Uta01

   プロジェクト No.1
   Uta02    Uta03

   「かかと野郎」右の課題      プロジェクト No.2
   Uta04    Uta05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひばり食堂

徳島の池田ダムで仕事があり、お昼に大豊の「ひばり食堂」に行ってきました。
大盛りは沖縄のイメージがあったのですが、高知にもすごいのがありました。
この店には大盛りはもちろん、倍盛りというのがあって、かなり危険です。
食後、強烈な腹のパンプと眠気に襲われ、1時間程意識を失ってしまいました。

ひばり食堂外観               カツ丼大盛り!
Hibari01    Hibari02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シーサイドケイブ

今週は久し振りに、土日連続でボルダリングに出掛けました。
土曜日は、奥物部のプロジェクト。この日は上部の解決が目標で、なんとか行けそうなムーブを見つけました。成果としては、この岩の左から2つ目のヒールフックからマントルを返す課題に成功する事が出来ました。非常にテクニカルな内容で、課題名は「かかと野郎」としました。
日曜日は、春野漁港近くの浜にある洞窟に行って来ました。この洞窟は20年位前にF岡さんが見つけたそうなのですが、その後 海に沈んでしまったという話で、私が調査に出掛けてみると、テトラポットによる海岸工事の影響で、広い浜と共に復活していたものです。

Niji02

  洞窟内のプロジェクトスタート    中間部
  Niji03    Niji04

  久し振りに登場のMIKAKO      ルーフムーブ(下は砂)
  Niji06    Niji05

| | コメント (3) | トラックバック (0)

秋の運動会

素晴らしい秋晴れのもと、幼稚園の運動会がありました。
初めて、我が子がかけっこをする姿を見ましたが、涙を堪える事が出来ませんでした。
一生懸命、なにかに取組む姿というのは、心を打たれます。

旗めく万国旗                がんばれ!
Undou01    Undou02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シーズンイン

春に見つけて掃除はしたものの、高知の暑く長い夏は、厳しい課題をトライできるような代物ではなく、10月も上旬を過ぎて、やっとその季節がやってきました。
今週は、日ノ御子で知り合った凸本さんを案内したのですが、気温の低下と合わせて、競争意識による効果があり、当初はまったく出来なかったムーブがいい感じになってきました。最近、仕事が忙しくなってきたのが悩みの種ですが、これから集中してアタックを懸けていきます。

Proj01

凸本さんのトライ         腹筋で押え込む
Proj02    Proj03

マントルの課題          プロジェクト中間部

Proj04    Proj05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリボウ

いつも車で前を通って、気になっていた、イノシシが待合室の椅子に座っている宇佐町のタクシー会社に行って来ました。春に見た時は、まだ縞々のウリボウだったのですが、すっかり大きくなって、立派になられていました。

お昼寝中のイノシシくん          夏の終りの浜辺で
Uribou01    Uribou02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンク追加

リンクに、”「ボ」はボルダリングの「ボ」”を追加しました。
今は亡きTウォールの最初の店舗(武蔵藤沢店)で、共に汗を流したMichiさんによる、御岳の今を伝えるブログです。フォンテーヌブローのツアー日記も充実しています。

「ボ」はボルダリングの「ボ」
Michi

| | コメント (1) | トラックバック (0)

石舞台

日ノ御子の特徴として、石灰岩ボルダーの存在があります。
上流エリアには石舞台と名付けられた素晴らしい石灰岩のボルダーがあり、日ノ御子を代表する岩のひとつとなっています。この岩には1級が一本、初段が二本、二段が一本と高レベルの課題が集中していて、中・上級者にとっては、非常に楽しめる岩です。この日は、左端の「舞」という課題を登りましたが、石灰岩独特のポケット・フレーク・スローパーとフルサービスの内容で、たいへん充実しました。
中流エリアに移動すると、燃えない高知県民こと凸本さんが来られていて、デンジャーロックの課題をデモして貰いました。凸本さんは日ノ御子で二段を登っている、力のあるクライマーです。

石舞台の「舞」
Hinomiko01

 滝と曼珠沙華(まんじゅしゃげ)       双子のボルダー
 Hinomiko02     Hinomiko03

   「コアラ返し」の凸本さん           三ツ星の課題「ネコマタ」
   Hinomiko04         Hinomiko05

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒ボルマップ更新 Ver.1.01

黒ボルマップの大堂海岸の説明に、写真と参考ページを追加しました。
提供頂いたのは、京都でR-PRESSクライミングスクールを主催されている上○成介さんです。上○さんとは、大昔にフランケンユーラでご一緒させて頂いた仲です。

R-PRESSのサイト
Stones

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚太郎

30年ぶりに思い出の豚太郎 瀬戸店に行ってきました。
この店は、なぜか夏の記憶のひとつとして刻まれていて、強烈な日差しと海の匂い、当時流行っていた矢沢永吉の「時間よ止まれ」、そしてここのミソカツラーメンの4点セットでメモリーされています。
豚太郎はチェーン店なのですが、店によってメニューや味が違っていて面白い店です。高知に来る機会があれば、ぜひチャレンジしてみて下さい。

看板に滲む風格             これがミソカツラーメンだ!
Ton01 Ton02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダブルアンダー

いつの間にか9月も終わりをむかえ、灼熱の高知も若干涼しくなってきたので、プロジェクトを触りに行ってきました。
久しぶりでしたが、この岩の風格はいつ見ても流石です。課題はダブルアンダーのシットスタートで始まり、左手サイド→右手アンダー→左手激悪アンダーと続き、四手目でやっと下に引けるカチが出てきます。その上は斜めカチが4個で、リップとなるのですが、全体を通してまともな足がなく、傾斜もあり、ムーブを起こすのが非常に難しい課題です。

帰りに日ノ御子に寄ってみたら、F岡さんが来られていて、「コアラ返し」や「ねこまた」といった課題をトライした後、下流エリアを案内して頂きました。日ノ御子恐るべしです。Rock&Snowに載っていたのは、ほんの入り口にしか過ぎません。またそのうち、紹介します。

Prj01_2

 プロジェクトの岩         四手目(アンダーからカチ)
  Prj02    Prj03

 「コアラ返し」のF岡さん     キバナコスモスが咲いてました
  Prj04    Prj05

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »