« 開拓中のボルダー | トップページ | 名村プレイバック »

安田町の海岸

高知から、国道55号を東に向かい、安田川を挟んだ海岸にかなりの数のボルダーが転がっています。市内からは、1時間少々。

岩質はこれまで見た事ないタイプで、色はこげ茶色で御岳のソフトクリーム岩のように溶けたような形状とハッピーボルダーみたいに穴がポコポコと開いていているのが特徴です。今回は、3つのボルダーを登りましたが、波打ち際には干潮時に取付けそうな素晴らしいロケーションのハイボールもあり、太平洋をバックに海から空にのぼっていくような感じで、また訪れてチャレンジしたいエリアでした。ただし、広い海岸に岩が点在しているため日陰がなく、これからのシーズンは灼熱地獄が予想され、秋以降がお勧めです。

     浜に下りたところにある岩          裏面(溶けぐあい&ポケットぐあい)
     Dscf1543_1         Dscf1542_2

かかりのいいポケットから、一気に出口のポケットを取る課題「アナノビール」
Dscf1535_3  Dscf1538_2

     カンテ右のフェース                     右の岩裏側に、顕著なフレークの課題
                                                     「安田フレーク」がある
     Dscf1530_1           Dscf1541_1

この日は、家族サービスもかねての開拓となり、子供を磯で遊ばせました。
パパさんクライマーには、便利なエリアです。

|

« 開拓中のボルダー | トップページ | 名村プレイバック »

1.海のボルダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217744/15735646

この記事へのトラックバック一覧です: 安田町の海岸:

« 開拓中のボルダー | トップページ | 名村プレイバック »